とさっ子タウンは、

が主催しています。(2018年10月時点)

窓口となる事務局を高知市市民活動サポートセンター(運営:NPO法人NPO高知市民会議)が担っています。

 

とさっ子タウン実行委員会

実行委員会の様子

とさっ子タウン実行委員会は、学生(高校生・大学生)と社会人、約100名で構成しています。

 

特徴として、実行委員会の代表を大学生や高校生といった学生が担っています。

「とさっ子タウン」という場を通して、参加する子どもの成長はもちろんの事、運営する学生の人材育成も目的としています。

高知県下の大学、専門学校、高校生と様々な職種の社会人が協力し、1年に2日間だけとさっ子タウンを1年かけて作り上げています。

とさっ子タウン当日をスムーズに開催できるようみんなで話し合い、アットホームな雰囲気で会議を行っています。

学生や社会人など違った立場の人たちが関わる場でありながら、同じ目線で活動できる。それがとさっ子タウン実行委員会です。

 

開催から10年が経過した現在では、元とさっ子タウン市民だった子どもが高校生・大学生になり、ボランティアスタッフや実行委員として参加をしてくれています。

とさっ子タウンのボランティアに興味のある方はぜひ下記をご覧ください。

学生ボランティアスタッフ募集